がんサバイバーにより自分の余命知ることにより辛い副作用も完治へ向け耐えられるようになるはず。余命知らない状態はがんサバイバーの不安を大きくする原因となるのです。がんサバイバーへ告知するかどうかは患者の家族と相談が必要になり、いぜん余命告知なしで治療する目たりしましたが、今は告知がほとんど行われます。そして、がんサバイバーへ告知が済まないのならどうして余命知りたいかを問い傾聴します。がんサバイバーは完治しても死の恐怖が付きまとい、がんと診断されて治療開始して、いったん完治しても今後100%再発しないのではなく、子供のがんサバイバーは死後について看護師に質問することが多いです。この場合家族は天国と持続があり、いい子だから天国いくよなど伝えることもあったりします。看護師ががんサバイバーに接するときのポイントですが、余命告知住んでるがんサバイバーへの看護、余命告知すんでないがんサバイバーへの看護のケースがあって余命告知すんでない方へは告知住んでるかチェックして対応してください。また、余命告知受けたサバイバーの質問に対しての返事は言動の一致が大事。看護師は余命告知すんでないサバイバーの言動や行動に注意を払ってください。自暴自棄となり自殺しようと思う方もいたりして、可能な限り家族のそばにいてもらえるようにつき添ってもらうようにしてください。がんサバイバーの家族が患者に付き添えるよう、家族要添い用ベッドを準備して環境を整えましょう。サバイバー本人ががん出ないかと疑い気持ちが不安となってしまった時家族に告知することのメリットやデメリットを話して今後を相談。サバイバーの家族の話を聞くときなき声もれないところで話を聞き、個室ないときは閉まった後の外来などを利用してもいいです。がんサバイバーの家族は家族でいろいろな葛藤抱えることがあって、看護師が家族が抱える感情に共感して理解して家族の葛藤和らげて問題解決できるようになるのです。サバイバーが死を意識したら以前の行い反省して家族へ感謝の気持ちをいだくことがあって、看護師は今の患者の状況の説明を聞きに来ませんかだけ伝えて、傾聴して時間をかけ家族との信頼を築いていくのが大事です。