乳がんは初期症状が出にくくて比較的進行遅いがんと言われて居ます。多くの乳がんは自覚症状が出てから発見され、それから治療法選択になります。看護師は乳がん患者の治療法洗濯や治療過程で出てくる症状に対して看護することに。乳がん治療法は手術療法が主で、そのほか放射線療法や抗がん剤治療など併用することも。乳がん患者の看護計画は検査時、術前、術後の3ステップに分けて耐えることが必要で、末期乳がん患者への対応も必要となります。受容までの期間患者により様々で、病状変化の看護以外に患者ごとに合わせたかかわりが求められるのです。乳がん患者看護で注意すべきことはその病気における症状早期発見して合併症予防すること。感染予防など注意しなくてはならないことを入院中徹底指導することが大事。乳がん患者は手術終ってから抗がん剤など治療続ける患者もおり、退院後治療継続して社会復帰できるよう支援することも大事です。また、活用できる社会資源などについて情報提供してくといいです。外来治療を続ける患者は医療者と信頼関係が今後の患者生活に大きく関係してきて、患者が社会復帰したことにより新たに出てくる不安を表出できるように、入院から外来へ医療者が連携しておくことも大事。乳がん患者がどの病気にあるかにより注意すべき症状が変わり、多くの乳がん患者が直面するボディイメージの変容に対し、看護師が注意すべきことについてですが、手術で乳がん根治できても形が変化することによって心ふさいでしまう方が多いです。今までと変わり自分の体の変化して悲しみから抜けられないのですが、手術前や後の患者の心の症状に注意し観察すべきです。乳がんは女性にはいつ自分に降りかかるかわからないものであり、女性看護師なら乳がん患者に深く寄り添った看護ができると思われがちですが、難しい面も多いです。乳がん患者看護は看護師とてもも女性としても経験と知識が大事で、デリケートな病気ですから患者の回復視られればやりがいと感じられるはずです。末期乳がん管じぇへの対応も必要になってきて、女性12に人に1人が生涯乳がんになってしまうといわれるものです。女性はみんなこれになるケースを考えることが大事です。