元来日本は野菜中心の生活だったのが最近欧米化して高カロリー、高タンパクなど肉類、油等脂肪分を摂取する機会が増えていて、野菜中心の生活に比べて高カロリー中心の食事は大腸に便溜まる時間が長くなるのです。便の中で発がん物質が含まれて大腸内に便が長時間溜まればその分体内で発がん物質に触れる状況になるわけです。タバコは発がん物質が含まれて、これの影響受けるのは肺など呼吸器のみと思いがちですが、大腸癌の原因になるケースは十分あり得ます。そして看護師が注意しなくてはならない症状は患者の各段階によって異なって受け持ち患者がどの段階かをしっかり把握しましょう。術前大腸がん患者に対して注意する症状として、排便時の違和感などの有無、下痢の有無や回数などの排便状況の症状の変化。こうした変化に注意して、早朝にレイウスの可能性を疑って対応することが可能。レイウスを起こせば腹痛、嘔吐が出現します。場合によりレイウスを起こして腹膜炎になるケースもあったりして早朝症状に気が付くことが大事。看護師は術前大腸がん患者に対して検査データ確認をしておくことが大事です。低栄養状態は大腸がんによる通過障害による食欲不振が原因ということも考えられて、術前の患者が低栄養状態で手術に臨めば縫合不全などの術後合併症を起こしてしまうことになり、検査データで体の状況を確認していい状態で手術受けられるよう援助していきましょう。肝臓転移したら黄疸にも注意。大腸がん術後の患者は開腹などの操作によって腸が外気に触れたり、麻酔によって長官の動きマヒすることで起きる麻痺性レイウスを起こしやすくて、腹部の圧痛など見られれば、症状を宇前手X線検査などでレイウス化を調べて治療をしていきましょう。腹部切開して肛門などの一部切除する腹会陰式直腸切断術なのなら、骨盤口腔内において広範囲に手術しますから、骨盤神経叢へのダメージで尿意を感じにくくなることがあったりして、神経叢へダメージは精神的要因も重なって性機能不全になることもあったりします。ストーマ増設した患者ならストーマ合併症を早期発見も大事で、そのため出血、発熱などの感染兆候、ストーマ増設周囲の皮膚びらんなど症状に注意しましょう。