小児1型糖尿病はインスリン分泌低下により体外からインスリン投与し案くては生命維持できない病気であります。そして、この看護について、管理に対して知識不足や入院、今後の生活などの問題点があって、シックデイは糖尿病を持ちながらそれ以外の病気にかかった時のことを指して、子供は感染症に罹患しやすくて、シックデイの対応は重要でまず近くの小児科でかかりつけ医を決めて病気になればすぐ受診するようにして下さい。インスリンは必ず注射するようにして感触でエネルギーを補って下さい。シックデイは風邪程度でも血糖コントロール不安定となり糖尿病悪化して注意しましょう。大人も自分の体に注射指すというのは躊躇します。子供なら1回できても次からスムーズにできるとは限らず、子どもがやりたくないといったときは無理にさせるんどエはなくその理由を聞き看護士が行います。保護者は子が病気だとかわいそうに感じて過保護にしてしまうことがあって、子に対して過保護にならないようにするための対処法で看護師が病気、治療の必要性について話してできるのは子どもに任せて見守っていくことができるようサポートしていくことが挙げられます。看護師はその時子がつらいとき保護者はもっとつらいといった気持ちを受け入れ蘢うようにします。血糖コントロールつくまで定期的に血糖測定すること。子供の症状を見て以上の早期発見に努めて下さい。インスリンによる治療が始まればそれに伴って低血糖起こすこともあります。低血行症状は空腹感や冷や汗や倦怠感などがあって重傷化すればけいれん、意識障害が起きることもありますから、注意して下さい。小児1型糖尿病の症状は高血糖や低血糖症状に注意しましょう。看護計画のポイントは入院初期、血糖コントロール中急変するケースを考え立案して、子供と家族の知識を補って自立促すように介入すること。子が自己管理できるようにするためシックデイ対応を無理にさせないこと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。