腎生検している病棟は腎臓内科や泌尿器加であり、患者はネフローゼの疑いある方で、会社の健康診断で尿蛋白指摘された方など若い方も多いです。1週間のクリティカルパス入院で、何曜日に何するといったスケジュールをパターン化されるのも特徴です。腎生検受ける患者は割と若くて、元気に過ごしてる方が多く、腎臓内科でよくされる検査は、腰にはりを差し組織をとること。安静も一晩のみで1週間ほどで退院できることを説明して不安を取ってあげてください。検査中外来看護師にバトンタッチして、患者が怖がってることを情報提供して、声掛けなど精神的援助もお願いしておくこと。腎生検すれば翌朝まで安静になり、女性のとき膀胱留置カテーテルを入れて、男性は尿器で採尿できてカテーテルは入れないです。腎生検はエコーで刺す部位を決めて局所麻酔で腰から腎臓に針をさしていきます。看護師は医師の介助が仕事であり、患者にけして動いていけないこと。呼吸とめるタイミングを声かけすることに。1時間で終了の連絡を受けてストレッチャーでむかえに行って、看護師や医師たちで処置代からストレッチャーに移します。患者は意識はっきりしており、外来看護師との申し送りは言葉に注意してください。病室ベッドに戻り約2時間は腹臥位のまま。体位変換でき、男性は尿意もよおしたら、このままだと採尿できなくて我慢してもらうことも。そして帰室後2時間経過して、出血が止まっていれば仰臥位になれます。検査が終わった患者は夕食時は起き上がれなくて、事前に夕食はお結びにしてもらうように依頼しておくこと。夜も尿意あればナースコールを押してもらって尿器で採尿することに。フラットおむつをおしり下にしいて出してもらうようにしましょう。患者の精神的苦痛に寄り添えることが看護スキルで、腎生検を受ける患者は検査で異常があって入院してきますが、診断はついてなくて病識ない方がほとんど。どうして辛い思いしなくてはならないかといった患者がいて、早期診断、治療開始に腎生検は必要で、知っていても心がついていかない患者を理解することがだいじなのです。腎生検当日の担当となっれ場、その日の仕事メインが腎生検になるほど、看護師のすることが多いです。