認知症は脳神経細胞が減ってきたり切断されて記憶が支障を起こす病気であり、それによって記憶連続性がなくなったり記憶が抜けたりして多くの情報が一回に入ると処理しきれなくて混乱に陥るのです。患者の病状をしっかり理解できいなくて生活援助につかれてしまう家族もいることでしょう。認知症の要因は直接要因、2次的要因があります。記憶障害あって大事なものを忘れてしまう、物取られ妄想につながる等が多いです。認知症患者は体の不調を訴えることが少なく全身の状況を観察することが大事です。患者ができることや出来ないことリズム感や筋力などの歩行状態を観察。入浴や歯磨きなど清潔を維持する行動、排泄など生命維持する行動など日常で行動できないところを援助することに。介助するとき何をするか、わかりやすい言葉で簡潔に説明して患者を不安にさせないでください。患者のプライドを保っていくため本人の能力範囲内で自分でしてもらうといった方法がいいです。認知症患者へ看護師が接し方のポイントとして、患者がいだく不安について共感したり対象者の能力活用したり、家族への支援したり、患者のプライド傷つけない看護を心掛けることを詳しく説明していきます。患者は記憶なくなったりうまく動けない、これからどうなるのかなど不安をいだくことが多くて、それを十分聞いて共感的態度で接していきます。患者は人生の先輩でもあり患者のプライド尊重するのが大事。言葉の気遣いをしてください。患者の持ってる能力を常に把握してレクリエーション、作業療法などの活動を促していきいます。可能なら歩行訓練、身体活動を促してみるのもいいです。家族は認知症になった患者を受け入れづらくて、認知症になった患者をどう援助すべきかで戸惑ってしまうことも。家族がありのまま受け入れられるようにするために患者の状況を知的に理解できるよう説明してみて家族の患者に対して思いを聞いて共感示していけるようにしてください。患者は人生の先輩で記憶なくなってるところもあるかもしれず、行動できる部分が少なく案ってるでしょうが、その事実は変わらず、患者のプライドを傷つけない看護をして、礼儀をわきまえなくてはならないのです。